自己処理から解放!脱毛サロンのメリット・デメリット


脱毛サロンではマシンを使う

自己処理の方法は、カミソリやシェーバーなどで剃るのが一般的でしょう。一方、脱毛サロンでは光脱毛が主流です。光脱毛とは、脱毛マシンを使って黒い色(メラニン色素)に反応する光を照射し、毛根にダメージを与えて脱毛を促す方法のことを意味します。光を繰り返し照射することで、毛母細胞(毛を生み出す細胞)が弱って毛は細くなっていき目立たなくなるので、最終的には自己処理の回数が激減します。個人差があるため一概には言えませんが、痛みが少ないのが特徴です。

スタッフがすべてやってくれるので楽

脱毛サロンでは何から何までスタッフがやってくれるので、施術ベッドの上に寝転がっているだけで脱毛が終了します。自身でやることといえば、着替えをするぐらいです。なかには、脱毛中に眠ってしまう人もいるのだとか。自宅で自己処理をする場合は、そうはいきません。全身脱毛のコースなら、自己処理の難しい部位、例えば背中なども脱毛できるのでおすすめです。ワキ脱毛だけなら、わずか数分とあっという間に終了します。

脱毛サロンはお金がかかる

昔に比べたら、脱毛サロンの数が増えて通いやすくなったとはいえ、やはりサロンでの脱毛にはある程度のお金がかかります。しかし、面倒くさい自己処理から解放されると考えたら、検討の余地があるのではないでしょうか。最近では、支払いに月払い制を採用しているサロンもあり、契約時にまとまったお金がなくても大丈夫なんです。脱毛しながら少しずつ支払っていけばよいので、初期費用の負担が少ないのがメリットといえます。

脱毛の中でも特に注目したいのが脚の脱毛です。年間を通して露出度の高い場所なだけに細心の注意を払いたいところです。身だしなみとしてまず押さえておきましょう。