症状に応じてニキビケアの方法を考えよう!


症状が軽い時にはセルフケアがおすすめ

肌の炎症や痛みなどがないニキビについては、正しいセルフケアを行うことで自宅に居ながら症状の改善を目指すことができます。特に、肌に優しい保湿クリームや洗顔フォームなどは、セルフケアに欠かせないアイテムとして定着していますが、なるべく刺激の少ないものや有用成分がバランスよく配合されているものを選ぶことがおすすめです。また、敏感肌や乾燥肌の人を対象としたセルフケア用品も登場しており、肌に自信のない人も継続してニキビケアを行うことが可能です。なお、セルフケアの効果の現れ方には個人差がありますが、ニキビの状態に合わせて複数のアイテムを使い分けることが大切です。

炎症が起こっているニキビはクリニックでケアしよう

炎症が起こっているニキビについては、セルフケアだけでは改善効果が期待できないことが多いため、早めにベテランの皮膚科医のいるクリニックで診察を受けることがおすすめです。たとえば、面皰圧出や外用薬などを使ったクリニックのニキビケアの方法については、健康保険が適用されるため、それほど高額な費用が掛からないといったメリットがあります。一方、ニキビ跡が目立っている場合には、レーザー治療やフォトフェイシャルなどの保険適用外の治療法についても検討をすると良いでしょう。最近では、様々な治療法を組み合わせてニキビケアに取り組むことのできるクリニックの数が増えています。そのため、満足のいく効果を得るため、診察のたびに医師と相談をしてベストな治療法を選択することが大事です。

ニキビ跡は、炎症を起こしたニキビのケアが不十分な場合に目立つことがあり、レーザーや外用薬による対処が必要となります。