気になるほくろは取れるの?きれいに消すなら医療機関に相談しよう!


保険適用の治療もあります

ほくろは小さなものであればコンシーラなどで目立たなくすることもできますが、大きいものや盛り上がりのあるものはメイクだけで隠すのは困難です。医療機関では様々なほくろ除去治療が提供されていますので、きれいに取りたいという人はまずは医療機関に相談してみましょう。ほくろ除去は自由診療と保険診療があります。保険診療であれば治療費は安くなりますが、やはり条件もあります。まず、悪性のものや、将来悪化する可能性のあるものがあげられます。この他では大きいいもの、出血のあるもの、生活に支障をきたすものも保険適用です。保険適用できるかは医師が判断することとなります。治療法としては、くり抜きや高周波メス、電気メスでの切除があげられます。

美容目的で除去するなら

美容目的でほくろを除去したい場合は、保険適用されず自由診療となります。保険適用がされないと治療費が高くなるのではというイメージもありますが、炭酸ガスレーザーによる治療はもともと費用は高くないので、保険適用の治療よりも安くなる可能性もあります。炭酸ガスレーザーによるほくろ除去は短時間で除去できるのがメリットですが、こうした方法で取り除いた場合は病理検査に出すことはできません。悪性の疑いがある場合は別の治療方法を選んでおいたほうが良いでしょう。ほくろ除去は気になるほくろを取り除くことはもちろん、できるだけ痕が目立たないことも大事です。治療は短時間で行えるものですが、きれいな仕上がりにするためにも高い技術力を持つ医療機関を選びましょう。

ほくろ除去とは、顔などの気になる場所のほくろを皮膚科などで除去することです。レーザーなどで焼いて除去します。